Psホワイトクリーム 美白オールインワンジェル

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCは、抗酸化作用があります。
コラーゲンの生成をサポート、活性酸素(老化物質)の除去、チロシナーゼ阻害や還元作用による美白作用があり、エイジングケアにとって嬉しいはたらきがあります。

 

ビタミンCは、もともと安定性が悪く、水に溶かしたり、空気に触れて酸化したりすると効果が失われてしまいます。
お肌への吸収性も低いものです。
そのようなビタミンCを人工的に改良し、「誘導化」することで、酸化しにくく安定型に変えたのがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は、皮膚に浸透しやすく、浸透したのちにビタミンCに変化するという特徴を持っています。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体には、活性酸素を抑える抗酸化作用、できてしまったメラニン色素を還元する働き、新陳代謝を促す、皮脂分泌をコントロール、コラーゲンの生成促進の働きがあります。
これにより期待できる効果として・・・

美白効果

ビタミンC誘導体は、チロシナーゼという酵素の働きを阻害することで、メラニン色素の発生を抑制する働きをします。
また、すでにできてしまったメラニン色素を還元してくっることで、シミやそばかす、くすみを予防したり、色素沈着を改善します。
※厚生労働省に認可されている美白有効成分において、メラニン還元作用を持っているのはビタミンC誘導体のみ

シワ・たるみへのエイジングケア効果

ビタミンC誘導体は、コラーゲンの産生を促す働きがあります。
真皮層のコラーゲンを増やすことで、肌の弾力やハリを復活させることができます。
ビタミンC誘導体には抗酸化作用もあるため、紫外線や睡眠不足などで起こる活性酸素の働きを抑え、コラーゲンやエラスチンを保護することで、シワやたるみ、ニキビ跡の改善などの効果を期待することができます。

ニキビ対策効果

ビタミンC誘導体は、ニキビケアにも効果があるといわれています。
ビタミンC誘導体の抗酸化作用がニキビの炎症を促す活性酸素を取り除くとともに、炎症後の色素沈着を防いでくれます。
また、皮脂の過剰分泌をコントロールしてくれることで、ニキビ予防への力も発揮します。

 

ビタミンC誘導体