Psホワイトクリーム 美白オールインワンジェル

Psホワイトクリームの成分@ビタミンC誘導体

医薬部外品であるPsホワイトクリームの有効成分でもある「テトラ-2ヘキシルデカン酸アスコルビルEX(VCIP)」は、油溶性のビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体には、美白をはじめエイジングケアにおいても優れた効果があります。

 

油溶性のビタミンC誘導体の特徴

ビタミンC誘導体には、水溶性のものと油溶性のものがあります。
ビタミンCはもともと水溶性のため、ビタミンC誘導体も水溶性のものが多く存在します。
水溶性ビタミンC誘導体は「速攻性」がありますが、「持続性の少なさ」と「刺激が強い」というデメリットがあります。
このような水溶性のデメリットを補うためにつくれたのが、油溶性ビタミンC誘導体です。

Psホワイトクリームの有効成分

Psホワイトクリームに配合された有効成分である「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)」は、皮脂の脂肪酸と同じで、「イソパルミチン酸」にビタミンCを合わせてできたビタミンC誘導体です。

優れた浸透力

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は、油溶性の特性から、水溶性に比べ約30倍の吸収力があります。
また、角質層にある皮脂と同じ成分を合わせることで、肌表面になじみやすく浸透しやすいといわれています。

持続性

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の皮膚の中での作用持続効果は、43時間以上だと言われています。
ちなみに、水溶性は12時間程度と言われています。

低刺激

水溶性ビタミンC誘導体は、イオン化するため刺激を与えます。
油溶性ビタミンC誘導体のテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は、お肌に塗ってもイオン化しないため、非常に刺激性が低く、高濃度でも低刺激です。
敏感肌、乾燥肌の方でも安心して使うことができます。

 

Psホワイトクリームの成分